若い僕が熊本の性欲マシンに会いにいった話。

当時まだ24歳の僕、初めて入った会社で福岡に赴任を命じられました。
福岡はまったくの未踏の地で、右も左もわからないまま慣れない業務をこなす日々でした。
そんなときに、知り合いすらもいない孤独にさいなまされて、僕は初めて出会い系に手を出しました。

熊本在住のひとみさん

「私が出会い系をやめさせます!」と彼女は一言欄にそう書いていました。
よくよく彼女のプロフィールを見てみると既婚の37歳。こいつは何を言っているんだろう?と思いながら2日くらいメールのやり取りをし、気になる一言欄の意味を聞いてみた所「セックスがしたいんでしょ?私で良ければいくらでもさせてあげる♪」と言われました。そこまで言われて動かなかったら男がすたる。まぁ騙されたとしても旅行を楽しもうと思い、休暇を使って熊本へ行ってきました。

熊本の港妻ゲット!旅行を楽しんだ後はセックスを堪能♪

パチンコホールの駐車場で待ち合わせをし、車の中で彼女が来るのを待っていました。
実際に会ったひとみさんは石川さゆり似の人でした。事前にメールで熊本について教えてほしいとお願いしていたので、ひとみさんに連れて行かれて美味しいものを食べさせてもらいました。それで公言通り普通にセックスをしてその日は終わりました。「セックスってこんなに簡単だっけ?」と思った記憶があります。
そして、その後の3年間の赴任期間、ちょこちょこ会うセフレとなってくれました。

関連記事